一人でも楽に単身引越し

不動産物件の賃貸契約

土地や建物といった不動産には、売買される物件と賃貸される物件とがあります。

後者の物件を借り受ける場合には、地主や家主との間で賃貸借契約を結びますが、地主や家主と直接に契約を取り交わすことは稀で、ほとんどの場合には、仲介を行っている不動産業者が地主や家主の代行として契約手続きを行います。

物件の賃貸契約を結ぶ場合には、普通、初期費用として敷金、礼金というものがあり、家賃の1ヶ月分か2ヶ月分を敷金、礼金として収めることになっています。

しかし最近では、敷金のみで礼金はなし、さらには敷金も礼金もなし、という契約も出てきています。